当院について

院長ごあいさつ

経 歴

西本院長

経 歴
昭和 59年大阪大学医学部医学科卒
平成 元年大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)
平成 元年米国アラバマ大学 臨床免疫部門博士研究員
平成 7年大阪大学医学部内科学第三教室
(現・呼吸器・免疫アレルギー内科学)助手
平成 9年大阪大学健康体育部健康医学第一部門 助教授
同・大学院医学系研究科分子病態内科学、同・生理病態学、医学部附属病院免疫・アレルギー・感染症内科 助教授(兼任)
平成 15年大阪大学大学院生命機能研究科 免疫制御学寄附講座 教授
同・大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学、医学部附属病院免疫・アレルギー内科 教授(兼任)
平成 20年和歌山県立医科大学 免疫制御学寄附講座 教授
大阪大学大学院生命機能研究科 招聘教授(兼任)
聖マリアンナ医科大学 客員教授 (兼任)
平成 24年東京医科大学医学総合研究所 難病分子制御学部門 兼任教授
令和 1年日本リウマチ学会 理事
日本リウマチ学会 近畿支部 支部長

資格/受賞歴/実績

著書
最新バイオロジクス治療から学ぶRA診療の注意点(トシリズマブケーススタディ) :メジカルレビュー社
今日の治療指針 私はこう治療している(べーチェット病) :医学書院
関節リウマチ ~ 生物学的製剤の正しい使い方とは~ 改訂版(トシリズマブ/アクテムラ) :医薬ジャーナル社
論文
1. Nishimoto N, Sasai M, Shima Y, Nakagawa M, Matsumoto T, Shirai T, Kishimoto T, Yoshizaki K. Improvement in Castleman’s disease by humanized anti-Interleukin-6 receptor antibody therapy. Blood . 2000; 95:56-61
2. Nishimoto N, Kishimoto T, Yoshizaki K. Anti-interleukin 6 receptor antibody treatment in rheumatic disease. Ann Rheum Dis 2000;59(suppl I):i21–i27
3. Nishimoto N, Kanakura Y, Aozasa K, Johkoh T, Nakamura M, Nakano N, Ikeda Y, Sasaki T,  Nishioka K, Hara M, Taguchi H, Kimura Y, Kato Y, Asaoka H, Kumagai S, Kodama F, Nakahara H, Hagihara K, Yoshizaki K, Kishimoto T. Humanized anti-interleukin-6 receptor antibody treatment of multicentric Castleman disease. Blood. 2005; 106:2627-2632.
4. Nishimoto N, Kishimoto T. Interleukin 6: from bench to bedside. Nat Clin Pract Rheumatol. 2006 Nov;2(11):619-26.
5. Nishimoto N, Hashimoto J, Miyasaka N, Yamamoto K, Kawai S, Takeuchi T, Murata N, van der Heijde D, Kishimoto T. Study of Active Controlled Monotherapy Used for Rheumatoid Arthritis, an IL-6 inhibitor (SAMURAI): – Evidence of clinical and radiographic benefit from an X-Ray Reader-Blinded Randomized Controlled Trial of Tocilizumab. Ann Rheum Dis. 2007; 66:1162-1167.
6. Nishimoto N, Nakahara H, Yoshio-Hoshino N, Mima T. Successful Treatment of a Patient with Takayasu Arteritis Using a Humanized Anti-Interleukin-6 Receptor Monoclonal Antibody. Arthritis Rheum.2008; 58:1197-1200.
7. Nishimoto N, Terao K, Mima T, Nakahara H, Takagi N, Kakehi T. Mechanisms and pathological significances in serum interleukin-6(IL-6) and soluble IL-6 receptor after administration of an anti-IL-6 receptor antibody,tocilizumab,in patients with rheumatoid arthritis and Castleman’s disease.Blood..2008;112:3959-3964.
8. Nishimoto N, Miyasaka N, Yamamoto K, Kawai S, Takeuchi T, Azumi J., Kishimoto T. Study of active controlled tocilizumab monotherapy for rheumatoid artriris patients with an inadequate response to methotrexate (SATORI): significant reduction in disease activity and serum vascular endothelial growth factor by IL-6 receptor inhibition therapy. Mod Rheumatol.2009.19:12-19.
9. Nishimoto N, Amano K, Hirabayashi Y, Horiuchi T, Ishii T, Iwahashi M, Iwamoto M, Kohsaka H, Kondo M, Matsubara T, Mimura T, Miyahara H, Ohta S, Saeki Y, Saito K, Sano H, Takasugi K, Takeuchi T, Tohma S, Tsuru T, Ueki Y, Yamana J, Hashimoto J, Matsutani T, Murakami M, Takagi N. Drug free REmission/low disease activity after cessation of tocilizumab (Actemra) Monotherapy (DREAM) study. Mod Rheumatol. 2014 Jun;24(1):17-25.
10. Nishimoto N, Amano K, Hirabayashi Y, Horiuchi T, Ishii T, Iwahashi M, Iwamoto M, Kohsaka H, Kondo M, Matsubara T, Mimura T, Miyahara H, Ohta S, Saeki Y, Saito K, Sano H, Takasugi K, Takeuchi T, Tohma S, Tsuru T, Ueki Y, Yamana J, Hashimoto J, Matsutani T, Murakami M, Takagi N. Retreatment efficacy and safety of tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis in recurrence (RESTORE) study. Mod Rheumatol.2014 Jan;24(1):26-32.
他、163編

患者さまの人生を共に考え、
共に歩いていくクリニックでありたい

平成24年12月に開院致しました『大阪リウマチ・膠原病クリニック』の院長、西本憲弘と申します。
当院は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病、アレルギー疾患を専門とするクリニックです。従来、関節リウマチや全身性エリテマトーデスは免疫難病と呼ばれ、不治の病と考えられてきましたが、現在では適切な治療を行えば、ごく普通の生活を営めるようになりました。特に関節リウマチの治療は新薬の登場により、この10年間で大きく変わりました。痛みや腫れが全くない状態を「寛解」と呼びますが、寛解は今や多くの患者さんが達成できるごく普通の目標です。花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患においても、様々な薬が開発され、症状を緩和する事が可能になりました。

当院では複数の専門医が連携して患者さまをサポートしてまいります。お一人おひとりの人生を共に考え、共に歩いていくクリニックでありたいと考えております。また、医学の進歩は日進月歩である事から、私をはじめ当クリニックの医師は、今も大学での研究を行っており、最新の治療法を学び、患者様お一人おひとりに最適な治療を提供していきたいと考えております。

充実した設備、快適な空間とアットホームな雰囲気のスタッフが皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ロゴマークに込めた診療への想い

リウマチ性疾患の患者様の多くは女性です。そのため、病気が結婚や出産など、人生の様々なイベントに関わってきます。私は出産を一度は諦めた患者様に、様々な面でサポートを行い、妊娠、出産を実現する事ができ、この手に赤ちゃんを抱く事ができました。私はこれからもそういった患者様の生涯を支えたいという思いを込めて、このマークをつくりました。

ロゴマーク

ページトップへ

診療時間
診療時間:水曜、土曜の午後、日曜、祝日は休診
  • 診療時間・アクセスマップ
  • 初診の方はこちらへ